全日本プロレス

紆余曲折を経て2014年7月に馬場の直弟子である秋山準が社長を務める新生全日本プロレスがスタート。王道プロレス復興を標榜する。秋山の他にも、諏訪魔、ジョー・ドーリング、大森隆男、KENSO、宮原健斗らヘビー級選手がド迫力のプロレスを繰り広げる。春に開催されるシングルリーグ戦「チャンピオン・カーニバル」と年末開催「世界最強タッグ決定リーグ戦」はマット界の風物詩として定着している。

バイオグラフィー

1972年にジャイアント馬場が日本プロレスから独立して設立。
世界中から大物選手を招聘し、相手の技を受けきる闘いは王道と呼ばれた。
1980年代はジャンボ鶴田や天龍源一郎、1990年代は三沢光晴や小橋健太ら四天王、2000年代は武藤敬司や川田利明が活躍。2013年武藤派が離脱。2015年9月一杯で潮崎豪がフリーへ転進し退団。

全日本プロレス 番組情報

<三冠ヘビー級選手権>
●(王者)宮原健斗×諏訪魔(挑戦者)
<三冠ヘビー級選手権次期挑戦者決定戦>
●ジョー・ドーリング×石川修司
●秋山準&大森隆男×ゼウス&ボディガー
<!BANG!TV世界ヘビー級選手権>
●(王者)西村修×ダニー・ジョーンズ(挑戦者)
●野村直矢&青柳優馬&KAI×青木篤志&岡田佑介&佐藤光留
●渕正信&太陽ケア&征矢学×中島洋平&TAJIRI&阿部史典
●岩本煌史×鈴木鼓太郎
予告無く内容を変更する場合があります。

放送スケジュール

[FIGHTING TV サムライ]
10月15日(日) 後10:00   10月16日(月) 後3:00   10月17日(火) 深0:00   10月19日(木) 後1:00   10月20日(金) 前10:00   10月21日(土) 後8:00   10月24日(火) 前8:00   10月27日(金) 後6:00   10月30日(月) 後1:00   

<王道トーナメント優勝決定戦>
●諏訪魔×石川修司
●秋山準&大森隆男&ウルティモ・ドラゴン&ヨシタツ&菊地毅×ゼウス&ボディガー&崔領二&TAJIRI&丸山敦
●青木篤志&岩本煌史&愛澤No.1×中島洋平&佐藤光留&鈴木鼓太郎
<王道トーナメント準決勝>
●宮原健斗×石川修司
<同>●諏訪魔×ジョー・ドーリング
●野村直矢&青柳優馬&KAI×岡田佑介&マッシモ&ダニー・ジョーンズ
予告無く内容を変更する場合があります。

放送スケジュール

[FIGHTING TV サムライ]
10月12日(木) 後11:00   10月13日(金) 後1:00   10月14日(土) 前10:00   10月15日(日) 深0:00   10月16日(月) 後8:00   10月19日(木) 後6:00   10月26日(木) 後1:00   

●秋山準&大森隆男&岩本煌史&田中稔×ゼウス&ジョー・ドーリング&ボディガー&鈴木鼓太郎
●青柳優馬×タイチ
<アジアタッグ選手権>
●(王者)青木篤志&佐藤光留×TAKAみちのく&ブラック・タイガーVII(挑戦者)
●カリスティコ×エル・ディアマンテ
<!BANG!TV世界ヘビー級選手権/バトルロイヤル>
●出場選手:(王者)西村修、佐野直、吉江豊、アブドーラ・小林、不動力也、田村和宏、グレート小鹿、他
●ドリー・ファンクJr.&ヒロ斉藤×渕正信&ザ・グレート・カブキ
●崔領二&将火怒&石切×サム・アドニス&マッシモ&ダニー・ジョーンズ
●中島洋平&阿部史典×野村卓矢&青木優也

※予告無く内容を変更する場合があります。

放送スケジュール

[FIGHTING TV サムライ]
10月2日(月) 後1:00   

<三冠ヘビー級選手権>
●(王者)石川修司×宮原健斗(挑戦者)
●諏訪魔×小島聡
<世界タッグ王座決定戦>
●野村直矢&KAI×関本大介&岡林裕二
<世界ジュニアヘビー級選手権>
●(王者)TAJIRI×ウルティモ・ドラゴン(挑戦者)

※予告無く内容を変更する場合があります。

放送スケジュール

[FIGHTING TV サムライ]
10月5日(木) 後1:00