三田佐代子の猫耳アワー

2014年1月10日(金)

第240回 2013年度東スポプロレス大賞授賞式リポート※写真モリモリ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年も新春恒例の、東京スポーツプロレス大賞授賞式が華やかにとりおこなわれました。どうですこの豪華絢爛な受賞者の皆様! ということで今回もパーティの模様を写真リポートとしてお届けいたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

MVPは2年連続で新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手。 「前年に続く強気な言動、それに裏打ちされたスケールの大きさ」との受賞理由に思わずこの表情。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オカダ:2年連続MVPで、今の気持ちは…普通です。
本当は賞金も手に持って金の雨を降らせたかったもよう。

ベストバウトは新日本8.4大阪、中邑真輔vs飯伏幸太。史上初のG1クライマックス公式戦が選ばれました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出た!挙動不審の時になりがちないぶっさんの黒目がち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「この試合を単なる公式戦ではない次元にまで昇華させたことが評価されました。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

–さすがにもうこういう席も慣れましたか?
飯伏:いやあ全然!ダメですね。ダメです。
–改めてベストバウト受賞についていかがですか?
飯伏:嬉しいです。やっぱりシングルで獲れて嬉しいですね。あの試合はやっぱり特別ですね。覚醒が。あんなことはそうしょっちゅうは出来ないです。
–2団体所属で大変なこともあると思いますが。
飯伏:そうですね、シンドい部分もありますけれど、大丈夫です。

–今日はマイケル選手はいないんですね。
付き添いの松井レフェリー:こういう公の場にはあの男は連れてきません(キッパリ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして1998年のハンセン&ベイダー組以来、15年ぶりの外国人タッグ受賞となったベストタッグのTMDK、マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト組。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

–この東スポプロレス大賞についてはご存じでしたか。
シェイン:もちろん知ってたよ。とても権威のある賞だということで、本当に獲れて嬉しいよ。
–外国人タッグとしては15年ぶりになりました。
シェイン:本当に誇らしいよ。あそこにもパネルが飾ってあるけれど、日本人レスラーだけでなくいろいろな国からやってきたレジェンドレスラーと一緒に肩を並べることが出来て本当に感謝している。
–ファンの方もきっと喜んでいるでしょうね。
シェイン:プロレスを始めて10年、日本に来て今年で4年、ファンの声援にはとても感謝している。彼らの応援があるからここまでやって来られたんだ。
–今日は素敵なスーツですね。
シェイン:ああ、でもあんまりこういう格好しないから暑いし窮屈だよ!
–マイキー選手は眼鏡なんですね。
マイキー:ああ、あんまり視力が良くないのでこういう時は眼鏡なんだよ。
シェイン:実はマイキーは試合中全く見えてないんだよ!それでやってるんだから恐ろしいよ!

マイキーの視力が本当はどれほど悪いのかよくわかりませんが、とにかく非常にナイスガイなお二人でした。歓談中はビールを瓶からラッパ呑みしながら気さくに写真撮影に応えている姿がカッコ良かったです。
ちなみに受賞式の最中、シェインは何度も隣りの席の飯伏選手に話しかけていたのですが、会話は成立していたんでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

敢闘賞はプロレスリングNOAHのKENTA選手。
「人気選手の退団などが相次いだNOAHで、身体を張ってプロレス道に邁進されました。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

絵になります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表彰の合間に何かお喋りをしていた様子のおふたり。去年はMVPに加えてベストバウトもあって両手にトロフィーが溢れていたオカダ選手でしたが、今年はIWGPのベルトとトロフィーでやや難儀されていたご様子。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

敢闘賞は大日本プロレスの関本大介選手。年間185試合、各団体から引っ張りだこ、そしてその試合内容が高く評価されました。プロレス大賞は既に何度も受賞されているのにも関わらず、壇上に上がっていきなり座ろうとしたりトロフィーを取り損ねたりとあわあわしていたのが可愛らしかったです。

関本:敢闘って何なんですかね?
–文字通り頑張ったってことですよ。年間185試合はご自分でも数えてらしたんですか?
関本:スケジュール帳に付けてあるので。でも大晦日欠場したんで実は184試合になっちゃったんですよ。悔しいです。
–今年も試合数は多くなりそうですか?
関本:どうでしょうね。多くなるといいなと僕は思ってます。

膝の状態はもうかなり回復しているそうです。大晦日の欠場が心底悔しそうな関本選手でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

技能賞はDRAGON GATEの吉野正人選手。男前!
ハードなスケジュールの中、グッドコンディションでハイレベルな試合を常に提供し続けていることが評価されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新人賞はDDTの竹下幸之介選手。ここだけどう見ても卒業式です本当に!
当然のことですが、プロレス大賞史上初の現役高校生の受賞です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

–学校は休めたんですか?
竹下:許可を取って、行ってこいって言って頂いて来ました。
–改めて受賞について聞かせて下さい。
竹下:ずっと子供の頃から見てきて、サムライの番組でもパーティの模様とかずっと見てたので、その場にいられるなんて本当に不思議な気持ちです。
–明らかにもう制服が窮屈そうなんですが、身体ずいぶん大きくなりましたよね。
竹下:ここ数ヶ月で4キロ増やしました。デビュー当時からは12キロ増えてます。
–これから受験ですね。
竹下:そうなんです。勉強も頑張らないと!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

常に物怖じせずマイペースで楽しげなレインメーカー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特別功労賞は、昨年5月に引退した小橋建太さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小橋:生きているうちに貰えるのって本当に久しぶりなんでしょう?ありがたいです。それにしても三田ちゃんも長いね。いくつになったの?

…いつも会うたびに同い年同い年と言われ続けていたのですが、ようやくそうではないとわかって頂けたようです!でもこれからもお元気で、プロレス会場にいらして頂きたい小橋さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

女子プロレス大賞は仙台女子プロレスの里村明衣子選手。きっと里村さんはお着物でいらっしゃるだろうな、と楽しみにしていました。山吹色の振袖が艶やかです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

–受賞の知らせはニューヨークで聞かれたんですよね。
里村:そうなんです!まさか獲れるとは思っていなくて。もちろんずっと憧れの存在でしたし、業界トップの方々とこうしてご一緒させて頂けるわけですから。本当にありがたく思っています。
–ここ数年、何度も里村選手の名前は挙がっていて、満を持しての受賞という部分もありました。
里村:まだまだですね。新日本さんのドーム大会なんて見せて頂くと、本当にスケールが大きくて。女子ってやっぱり小さくまとまってしまっているなと痛感させられました。
–でも、里村選手の受賞は仙台でやってらっしゃる若い選手だけじゃなく、他のローカル団体の皆さんにとっても勇気が出ると思いますよ。
里村:本当ですか?そうだったら嬉しいですね。

里村選手の受賞に関しては私個人は本当にそう思っていて、男子女子問わずやはり東京とそれ以外の地域差を痛感されている選手の皆さんは多いと思う。でも、例え仙台の地にあっても、志高く頑張っていれば必ず気づいてくれるし、こういう形で表彰されることもある。どうかそれを信じて頂きたいし、そういうプロレス界であって欲しいと思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レスリング特別表彰の皆さん。左から、伊調馨選手、吉田沙保里選手、登坂絵莉選手。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全受賞者が勢揃いしたところで乾杯なのですが、当然のことながら未成年の竹下選手にはウーロン茶が。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乾杯のご発声は新日本プロレス相談役の坂口征二さん。何と!30年連続の乾杯ご発声だそうです。すごすぎる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあここからはこの日ならではの豪華な顔合わせをご覧下さい。
どうですこのセクシーな3ショットは!MVPとベストバウトのお三方。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

里村明衣子選手と談笑する竹下幸之介選手。卒業式後の謝恩会的な。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DDTが誇るゴールデン☆スターと、ザ・フューチャー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

…と思ったら高木大社長が割り込んでらっしゃいました。
高木:賞金の分け前?ここでは言えないなあ。
竹下:いや、免許取りに行きますよ!ここは堅実に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見てみいこの美男美女!婚約会見に見えなくもないです。後ろ金屏風なだけに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあそしてこの日のフォトジェニック賞は東京女子プロレスののの子選手(の、が続きすぎ)。あり得ない顔合わせがそこここで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大日本勢から手荒な歓迎を受ける関本大介選手。
–もう大日本もすっかりこの席の常連さんですね。
小鹿:おかげさまでね。嬉しいね。
そんな小鹿さんはスマホユーザー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミス東スポに囲まれてデレデレする高校生。先生に送りつけますよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

悪い写真が撮れて嬉しくてしょうがないDDT首脳陣(何故か今林さんが真顔)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

…と思ったらやっぱりこれですよ。大社長がいい顔すぎる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

…あれ?ひとり増えているような。そして大社長がやや困り顔のような。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

満面の笑みの剛腕おふたり。これは関本選手がたっての願いで2ショットを撮らせて頂いたんだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キター!危険すぎる顔合わせ。
小橋:えっ、君はプロレスラーなの?
(小橋さんの目線と鏡に映ったのの子さんのたわわな胸元が素敵)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小橋:やめてよそういう東スポの撮影みたいの。もう俺そういうのやらないよ?
さてこの後何があったのかは明日の東スポをご確認下さい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レインメーカーとミス東スポと、それを遠巻きにしているボインメーカー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

改めてベストバウトのお二人。絵になりますなあ。
中邑:ああいう試合で獲ったのがいいでしょ?他にああいう試合ないもんね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

意外な顔合わせ、ユリオカ超特Qさんと関本選手。
関本:いや僕ずっとユリオカさんの大ファンですから。
ユリオカ:こんなこと言ってますけどこの人、昔は選手名鑑の好きなタレントの欄に僕の名前書いてくれてたんですけど、いつの間にかセクシー系の女優さんの名前に変わってましたからね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は女子プロレス関係者の出席が本当に少なくて、会場にいた女子プロレスラーは里村明衣子選手とのの子選手の二人だけでした。せっかくたくさんのマスコミさんが集まる場なので、女子の関係者やレスラーの方にもいらっしゃるといいんじゃないかなあと思うのですが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「いや僕は関係ないですよ」と言いながら結局のの子さんで一番楽しんでいた高木大社長(と、隣りの背中は東京女子プロレスの甲田さんです)。

さてこの日の模様と選手のインタビューについては、1月10日金曜日のバトルメンでモッキーこと元井美貴さんがたっぷりリポートされていますので、どうぞご期待下さい!